引っ越しには何かとお金がかかります。そのため出来るだけ費用を抑えて引っ越ししたいという方は多いと思いのではないでしょうか。
引っ越しの料金はあまり大差ないと思われるかもしれませんが、実はタイミングによって倍以上金額が違うということも珍しくありません。
今回は安く引っ越しをするのに最適な月、曜日、さらには時間帯まで、引越し料金を徹底的に抑えられるタイミングをご紹介していきたいと思います。

引越し料金が変動する理由

引越し料金が抑えられるタイミングを知る前に、まずは何故引っ越し料金が変動するのかを知っていきましょう。

引っ越しの繁忙期と閑散期
引っ越しには依頼が集中する「繁忙期」と、依頼の数が落ち着いて暇な時も出てくる「閑散期」があります。
繁忙期は進学や就職で引っ越しをする人が増える3月〜4月、そして家族全員がまとまった時間がとれる8月と言われています。
一方で1月や2月、10月や11月は引っ越しをする人が少ないため「閑散期」となります。
この繁忙期と閑散期を把握した上で引っ越しの計画を立てることで、費用を抑えて引っ越しをすることが出来ます。

繁忙期は「料金が高い」、閑散期は「料金が安い」を覚えておこう
引越し料金は繁忙期が高く、閑散期が安く設定される場合がほとんどです。
依頼が多い繁忙期は多くの人が引っ越しするため、その分料金も高くなります。もちろん業者によって細かい金額は変わりますが、通常時のおよそ3倍〜5倍くらいの値段まで跳ね上がることも珍しくありません。
一方で閑散期はほとんど引っ越し依頼も入らないため、引越し業者は少し安くしてでも顧客を獲得したいと考えます。引越し料金も少し安くなりますが、そこからさらに値下げ交渉が通りやすい時期でもあります。

引越し料金を更に安くするタイミング

日時を気にすることで更に安くできる
「何月に引っ越すか」だけ重視されがちですが、さらに料金を抑えたいのなら、曜日や時間帯も気にするといいでしょう。
例えば土日祝は人気があるので同じ月の中でも料金が高めに設定されがちです。一方であまり人気のない火曜日や水曜日、木曜日は月の中でも安くなる傾向があります。
また、時間帯も少なからず料金に影響を与えます。午前中から引っ越し作業をして早めに終わらせたいという心理から、午前中のほうが午後よりも人気があります。午前・午後なら午後のほうが安い料金に抑えられます。
しかし、更に料金を安くできる「時間帯フリー」というプランが用意されている場合もあります。これは引越し作業員の空き時間に作業をしてもらえるためこちらからは一切日時の指定ができない分、料金は最も安いです。

月末よりも月の上旬が安い
以前の住まいと新居の賃料が発生する「二重家賃」を避けるため、月の中でも月末に引っ越す人が多いです。
アパートやマンションの賃貸から賃貸に引っ越す場合、新居の入居日が決まらないと退去日も決めることが出来ません。このタイミングが上手くあわないと家賃が重複してしまうため、タイミングが合わせやすい月末の引っ越しが人気なのです。
物件にもよりますが、賃貸の解約は1ヶ月前までに行うのが一般的です。ただし2ヶ月や3ヶ月前という場合もありますので、事前によく確認しておくことが重要です。

繁忙期でもできるだけ料金を抑える方法

事情によってはどうしても繁忙期に引っ越しをしなければならないということもあると思います。既にご紹介している通り繁忙期はどうしても料金が高くなりますが、少しの工夫で料金を抑えることが出来ます。

早めに相見積もりを出してもらう
引越し業者への見積もりを早めに依頼することで、複数の業者から見積もりをもらうことができます。
複数の業者で料金の比較が出来ますし、他社と比較していることを伝えて値引き交渉に持っていくことも可能です。もちろん繁忙期なので大幅値下げは無理ですが、有料分のオプション分だけ無料にしてもらうといった細かい部分で安くしてもらえる可能性があります。

仏滅の日を選ぶ
人は普段の生活ではあまり気にしていなくても、人生の大きな転機が訪れる時には六曜を気にします。
もちろん「大安」の日の引っ越しは人気が高く、逆に「仏滅」の日の引っ越しは人気が下がりがちなので、値段交渉にも乗ってもらいやすいです。
六曜を気にしないというのなら、あえて仏滅の日を候補に入れてみましょう!

安く引っ越しするベストなタイミングまとめ

ここまで引越し料金を安く出来るタイミングをご紹介してきましたが、最後に安く引っ越ししやすいタイミングをまとめてみます。

●月…1月、2月、10月、11月の上旬
●曜日…火曜日、水曜日
●時間…午後(更に安くするなら時間帯フリー)

以上のようになります。もちろんこれら全てを希望通りにするのは難しいと思いますが、繁忙期を避けるというだけでもだいぶ料金を抑えることが出来ます。
引越し料金が抑えられればそのぶんを貯金に回したり、ちょっと贅沢に引越し祝いをしたりできますので、抑えられる部分は押さえて賢く引っ越しを行いましょう。