引っ越し時には様々なトラブルが起こる可能性がありますが、その中でも多いのが新居に荷物が入り切らない、大型家具が入らないなどの搬入トラブルです。
特に新居がマンションの場合はこうしたトラブルが起こりやすいので、事前に対策をとったり万が一のときどうするかを考えておく必要があります。

荷物が多くて入らない問題を回避する方法

まずは、予想していたよりも荷物が多くて引っ越し先に入り切りそうになさそう…。そうした自体を防ぐためにはどうすればいいのかをご紹介いたします。

トランクルームを利用する
荷物が多くて新居に入り切らないという場合、一時的にトランクルームを契約しておくことをおすすめします。
トランクルームとは荷物を預かって、保管してもらうサービスのことを指します。管理もトランクルームの運営会社が行ってくれるので、万が一預けていたものが紛失してしまったり破損してしまった場合の補償もきちんと用意されています。

屋内型、屋外型の2つのタイプがあるのも特徴です。
屋外型は屋外に設置されたコンテナ内に荷物を預けます。サイズが大きいので大きいものを預けたい場合や自転車やバイクなどのアウトドア用品など置預けるのに最適です。
空調設備は無いので温度・湿度管理が重要なものには向きません。

屋外型のトランクルームは、ロッカータイプのものや1部屋丸々保管場所になっているタイプなどがあります。基本的に空調もきちんとされていますので、屋外には置いておけないものも安心して預けられるのが特徴です。

このようにトランクルームにも様々なタイプがありますので、自分の預けたいものや預けたい荷物量に応じて決めていきましょう。

引越し業者の荷物預かりサービスを利用する
引越し業者の中には、入り切らない荷物を一時的に預かっていてくれる「荷物一時預かりサービス」を用意しているところもあります。
トランクルームもいろんな業者があるのでわざわざ探すのも面倒…全て一社にお任せしたいという場合におすすめのオプションサービスです。
業者によって預かってもらえる期間や料金、荷物の出し入れについての規約が異なっています。数日のみなどの短期間の預かりなら追加料金が必要ない所もありますのでチェックしておきましょう。

期間については短ければ1ヶ月、長ければ1年預かってくれるという業者もあります。ただし、現在他のお客さんから預かっている荷物の量によっては全く預かりが出来ないと言われてしまったり長期の預かりは断っているなど言われることもありますので、預かりサービスを利用したい場合は早めに相談しましょう。

引っ越し前に荷物を減らす
荷物が多いと言っても、本当に全てが必要なものなのでしょうか。引っ越しを機会に不用品を処分して荷物を減らすという手もあります。
必要最低限の荷物にすることで結果的に運ぶ荷物の量も減り、引越し料金を抑えられる場合があります。どうしても必要なもの以外は処分してしまうというのも搬入トラブルを防ぐ一つの方法です。

大型家具の搬入トラブルを回避する方法

「入ると思ったら入らなかった」こうした大型家具の搬入トラブルはとても多いです。これも事前にきちんと用意しておけば防げるトラブルの一つですので、回避する方法をご紹介いたします。

引っ越し前に採寸する
大型家具も搬入する予定がある場合、引っ越し先の内見のときに採寸も行うようにしましょう。特に洗濯機は物件によって置く場所がほとんど決まっています。見た感じは設置できそうと思ってもあと数センチ足りないという場合もあるので絶対に測っておくべきポイントの一つです。

また部屋の中だけでなく、玄関の広さや通路、階段やエレベーターの幅も注意しなければなりません。

このように基本的に初めての内見時に自分で採寸するのがいいですが、採寸のことが頭になかった、その辺りをよく考えずに契約してしまったという場合、不動産屋に連絡して再内見させてもらいましょう。
採寸は出来たけど本当に搬入できるか不安という場合は事前に引越し業者に相談しておくと安心です。
最低でも各部屋のサイズ、各部屋の入口の幅と高さは必ず測っておきましょう。

部屋のレイアウト図を作ってみよう
また、冷蔵庫の場合は上下左右に放熱のためのスペースを開けることを忘れてはいけません。他にも扉を開けた時のスペースを考えておきましょう。
せっかく搬入は出来たとしても、結局使いづらくて新しいものを買い替えたとなってしまう場合があるためです。

採寸した上でレイアウト図を作っておくと更にイメージが湧きやすいですし、採寸していたときには気づかなかった点にも気づけます。
最初から作るのは難しいと思うので不動産屋さんにお願いして見取り図をもらい、そこから採寸した情報を書き込んでいきましょう。

まとめ

引っ越し時の搬入トラブルを防ぐためには、引っ越し前の入念な準備が必要となります。
引越し業者にせっかく運んでもらったものが入らないとなると自分も業者も困ってしまいますので、気になる所があれば事前に何でも相談しておくのがいいでしょう。

もし荷物が多くて入り切らないと予想される場合、引越し業者の荷物一時預かりサービスやトランクルームに一時的に荷物を保管したり、不用品の整理をして荷物自体を減らす努力をしてみてください。

また大型家具の搬入は事前の採寸がかなり重要です。採寸のタイミングは内見の時がベストですが、測り方がわからない、どこを測ればいいのか分からないという時は不動産屋に相談してもいいでしょう。
採寸が終わったら全体のレイアウトを書き出してみて、実際どのような配置になるのか、問題なく置けそうかを確認しておくと安心です。