引っ越しをしたら自動車やバイクの登録住所変更の手続き、さらにこれらを運転するのに必要な運転免許証の住所変更の手続も忘れずに行わなければなりません。
特に大変なのがバイクの手続きで、こちらは排気量によって手続きに必要な書類が異なるため、事前にしっかりと確認しておく必要があります。
今回は自動車、バイクの排気量ごとに必要な手続きと書類についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはここから!運転免許証の住所変更手続き

運転免許証の住所変更手続きは、引っ越し先の運転免許更新センター、警察署、運転免許更新センターのいずれかで行います。
このいずれかの場所に免許証や引っ越し先の住所がわかるものを持っていき、その場で「運転免許記載事項変更届」を提出すると、すぐに新しい住所が記載された運転免許証を手にすることができます。

また、もし運転免許証の更新期間だった場合には、更新手続きと同時に住所変更が可能です。
この場合も新住所が確認できる書類を用意して持っていきましょう。

忘れがちだから要注意!各種保険の住所手続き

引っ越しをしたら、自賠責保険や任意保険の住所変更手続きも忘れずに行うようにしましょう。
住所変更を怠ってしまうと、保険金の請求をしなければならなくなった時、現住所と情報が異なることで余分な手間が生じてしまいます。

自賠責保険の場合は車台番号で管理されているため、再加入する車検まで住所変更をしないという方も多いようです。
しかし、住所変更をしていないことで更新案内が届かないなど不便なことがあります。

自賠責保険も任意保険も住所変更手続きは保険会社の窓口に必要書類を持っていくだけでいいので、後回しにせずに手続きを行いましょう。
必要な書類は保険会社によって異なりますが、保険証明書と契約者の印鑑が必要となります。
また、どうしても窓口に行くことができない場合、郵送によるやり取りにも対応しています。郵送の場合はカスタマーセンターに電話をするかインターネットから郵送手続きの申し込みを行い、手続きに必要な書類を送ってもらいましょう。

自動車の住所変更手続き

自動車の住所変更手続きは、普通自動車と軽自動車で手続きが異なります。

・普通自動車の手続き
自動車の駐車場所が変わったことを知らせる「自動車保管場所証明書(車庫証明)」の届け出、そして自動車の変更登録が必要となります。
最初に車庫証明の変更を済ませてから変更登録を行うとスムーズです。
車庫証明は保管場所を管轄している警察署で、変更登録手続きは引っ越し先の運輸支局か自動車検査登録事務所で手続きを行います。

・軽自動車の手続き
普通自動車で必要だった車庫証明書は必要ありませんが、対象地域の場合は「保管場所届出」を管轄の警察署に提出する必要があるので、確認しましょう。
変更登録は引っ越し先の管轄である軽自動車検査協会で手続きを行います。

バイクの住所変更手続き

バイクの住所変更手続きは排気量によって異なります。

・排気量が125cc以下(原動機付自転車)の場合
引っ越しによって市区町村が変わらない場合、転居届を役所に提出するだけで手続きは完了です。
市区町村が変わる場合は、まず旧住所の役所で廃車手続きを行ってから新住所の役所で手続きをし、新しいナンバープレートをもらいましょう。
廃車手続きを行うとナンバープレートも返還しますので、新住所で手続きを終えて新しいナンバープレートを付けるまで運転できない点に注意しましょう。
その他、必要なものは下記の通りです。
【必要なもの】印鑑、ナンバープレート、標識交付証明書、身分証明書、軽自動車税申告書、廃車申告受付書(市区町村が変わる場合)

・排気量が126〜250cc以下(軽二輪バイク)の場合
引っ越し前の手続きは不要です。引越し後に管轄の運輸支局で手続きを行いましょう。
引っ越し前と市区町村が変わらない場合でも手続きが必要な点に注意してください。
必要なものは下記の通りです。
【必要なもの】印鑑、車検証、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証記入申請書、住民票、自動車損害賠償責任保険証

・排気量が251cc以上(小型二輪バイク)の場合
軽二輪と同様に、引っ越し前の手続きは不要です。引越し後に管轄の運輸支局、もしくは自動車検査登録事務所で手続きを行います。
こちらも市区町村が変わらなくても手続自体は必要です。
必要なものは下記の通りです。
【必要なもの】印鑑、車検証、手数料納付書、申請書、住民票、自動車損害賠償責任保険証

まとめ

自動車、バイクの手続きは一見すると細かくて大変そうに見えますが、自分に必要な手続内容が分かれば手続自体は簡単です。
どうしても自分で手続が難しいという場合は、委任状があれば代理人に手続きをしてもらうことも可能なので、必要な変更をしておくようにしましょう。